よくある睡眠障害の実態

ストレスを代表とする様々な要因が重なって睡眠障害を患ってしまう人が現代社会には増えています。
睡眠障害になると疲れが取れにくくなって、生活の質が著しく低下してしまいます。
睡眠障害は、入眠障害・中途覚醒・早期覚醒に臨床的には分類されていて、二つ以上を併発している人も少なくありません。
入眠障害は、布団に入ってもなかなか眠れない症状のことを言います。
中途覚醒は、眠りについた後、夜中にふと目が覚めてしまうものであり、何度も繰り返す人もいます。
早期覚醒は、早朝に目が覚めてしまって、そこから朝まで眠れなくなってしまうというものです。
中途覚醒と同じような感じで、真夜中に目が覚めて眠れないというケースも稀ではありません。
この三種類の中でも切実な問題となっているのが入眠障害と中途覚醒による生活の質への影響でしょう。
朝になってから深い眠りがやってきてしまうパターンが多く、朝になっても起きられない状況になりやすいからです。
社会生活を送る上では朝は早めに起きられなければならないというのがストレスになり、早く眠らなくてはならないという気持ちが入眠障害を起こしたり、中途覚醒のときに次の入眠を遅らせたりしてしまっています。
これが原因で昼間も睡魔に襲われていることも大きな問題になっていて、睡眠障害を克服しなければならないという危機感を持つ人も増えているのが現状です。
ストレスが原因の場合には状況が悪化するリスクが高いので、医師に相談して抜本的な解決を図るのが重要になります。