カフェインレスの生活にして睡眠を改善

コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれているカフェインは覚醒作用を持っているのが特徴です。
眠くて仕方のないときに飲んだり、これから眠くなってはならないタイミングで飲んでおいたりすると目覚まし代わりになるといったことをよく耳にするでしょう。
しかし、カフェインの覚醒作用には問題点もあり、だんだんと耐性ができやすくなってしまいます。
さらに、摂取しすぎると夜寝たい時に寝付けなくなってしまうといったこともあるのです。
寝付きが悪いのはカフェインのせいだというのを知らずに常習している人も多いのですが、カフェインレスの生活にして睡眠の質が向上している場合もあります。
睡眠の質が向上すると疲れが解消されやすくなり、ストレスも緩和されて元気に生活できるようになります。
睡眠障害で医師に相談してアドバイスを受けたり、不眠なのではないかと気にかかって調べものをして知ったりしたのがきっかけでこれらに気づく方は多いようです。
コーヒーや紅茶を飲むのをやめたり、デカフェのものを飲むようにしたりすることで睡眠の質の向上に努めているのです。
しかし、試してみると昼間の集中力が途切れやすくなってしまって辛くなり、またカフェインを飲む習慣を作ってしまう人も少なくはありません。
これは覚醒作用を受け続けているのに慣れてしまっていた結果と言えるでしょう。
カフェインレスにした直後はこのような問題が生じやすいこともありますが、だんだんと身体が順応していくので少し我慢していれば問題はありません。
一般的には一ヶ月ほどで慣れるため、睡眠の質が向上してきたのを実感するまで少しばかり我慢することが必要です。