都会で睡眠不足の人が増えやすい現状と対策

現代社会では、睡眠不足によって日中に眠くて辛いという人が増えている現状があります。
特に、都会は眠らない街となっているところも多く、夜遅くまで活動する人が増えました。
その傾向が睡眠不足の状況を悪化させているのは確かです。
しかし、習慣的な要因だけでなく、環境的な要因も都会に住んでいる人たちに睡眠不足をもたらしているようです。
人は、もともと明るさによって体内リズムを整える機構を持っています。
強い光を浴びることで、朝だと認識して身体の代謝活動などを活発に行えるようになっているのです。
そのため、夜には真っ暗に近い状態になるのが望ましいのですが、都会では夜まで明るい環境ができてしまっています。
ネオンサインなどが明るく、夜中まで多くの車が走っている地域も多いので光が絶えない状況になっているのです。
常に明るいと身体が感じてしまっていることが多いため、あまり深く眠れない状況に陥りやすくなっています。
光に対する感受性の高さには個人差があるので、全く自覚がない人もいますが、敏感な人の場合には都会生活をしているだけで睡眠の質が低下してしまうリスクがあるでしょう。
自分は光に弱いかもしれないという懸念がある人は、夜は極力部屋の中で暗い時間帯を長くして過ごすように心がけることが大切です。
また、都会生活に特にこだわりがないのであれば、自然の多い地域で生活することを考えてみるのも良いでしょう。
また、都会の中でも夜は暗く閑静な場所もあるので、引っ越しを検討してみると良いかもしれません。